デジタルサイネージを解決する

用途として多角的に発展しているデジタルサイネージ。基本的な構成を理解すれば自分でも作成可能です。

プログレッシブ・デジタルサイネージ

デジタルサイネージはタスクを組んで定時に指定のコンテンツを再生する基本タイプからインタラクティブなタッチ操作やモーションセンサーを取り入れたタイプ、ハード面ではマルチディスプレイや4K対応など、多岐に渡り発展している電子看板です。

大いに期待できるのは、インフォメーションの枠を越えて多角的に拡がりを見せるインタラクティブ機能です。ゲスト・エクスペリエンスの向上、マーケティングデータの収集、オペレーションの効率化を実現する新たなデバイスへと発展してきています。

さて、このページではデジタルサイネージの基本的な概要とその詳細のリンクについてをご案内します。

デジタルサイネージの基本概要を分解する

IMPORTANT:デジタルサーネージを導入する際に、映し出すモニターの画質に因り機器構成とコンテンツ制作が大幅に異なってきますので留意してください。 その概要を理解するために「デジタルサイネージの機能を分解する」に目を通すことをおススメします。

デジタルサイネージのモニターの解像度の比較

出典:Panasonic

画質はSD(約35万画素)、HD(約92万画素)、フルHD(約207万画素)、4K(約884万画素、もしくは約829万画素)の種類があり、現状ではフルHDまでがノートPCに搭載されており、新規格の4Kが特別な存在です。

最高の画素数を扱うことができる4KはモニターやCPU、コンテンツのコンバートや圧縮、編集するアプリケーション、撮影機器の全てが上位の製品でコントロールすることになり、また扱うデータ量も膨大になりますので低画素数に比べてコストが高額になります。

ここでは、HDもしくはフルHD辺りを対象に説明していきます。

最初に、デジタルサイネージの基本機能について見てみましょう。貴方の実現したいデジタルサイネージの内容がどういう構成で何の機能を必要とするかが分かります。




デジタルサイネージ・ソリューション

IMPORTANT:スライドショーを自動実行するだけのデジタルサイネージはPCのタイプに依存しないで比較的簡単に作れます。しかし、kiosk端末に仕上げる必要がある場合、例えば、Windows7、Windows8、Windows10ではその方法が大きく異なりますので注意が必要です。

 Related Keywords

デジタルサイネージ、ナロー・キャスティング、映像配信、音声配信、デジタルPOP、デジタル・サイン、デジタル掲示板、デジタル・コンテンツ配信システム、電子POP、電子ポスター、電子ボード、電子情報ボード、電子ディスプレイ、電子看板システム、電子掲示板、電子広告板、イルミネーション・サイネージ、案内板、ウェルカムボード、クラウド、タスクスケジュール、キオスク、スライドショー、動画