「五感」を使って脳に刺激を与えると

視覚・味覚・聴覚・触覚・嗅覚、いわゆる「五感」を使って脳に刺激を与えると、エンドルフィンは多く放出される。

  • heart

ドパミン

違法ドラッグであるコカインや覚醒剤(メスカリンなど)は、脳内にドパミンという物質の過剰な放出をおこし、覚醒作用や快の気分を生じさせるものであるが、逆に不安や抑鬱をもたらす(バッドトリップ)をも引き起こしてしまう。ステーブ・ジョブズは過去に様々な薬物常習者であり、コカインはもちろん、大麻やLSDに至っては毎日やっていたと自身の伝記で明かしている。

  • heart

自分自身が全てを受け入れて完結できるような欲望は、ただ愛するという欲求だ。だれかを愛するというのではなく、「愛する」という「受け入れる心」をただ純粋に高めていくような精神的な欲求は、エンドルフィンの放出をいつまでも持続させるといわれている。これは、純粋欲といわれている。

  • heart

単純で、重量化しない精神構造は、ミニマリズムと自分の価値観やライフ・スタイルに信念を持つことであると思っている。

本能のままに!といいたいところだが、最近の「本能」についての解釈が…

一般的に人間に本能行動はほとんど無いかわずかであると見なされている。また社会学、哲学、心理学の一部では本能を「ある種の全ての個体に見られる複雑な行動パターンで、生まれつき持っており、変更がきかない」と定義する。この定義の元では性欲や餓えも変更がきくために、本能とは言えないと主張される。極端な行動主義や環境決定論においてはあらゆる種類の「本能」が否定され、行動はすべて学習の結果として説明される。─wikipediaより引用

精神的な躍動感が必要なのだ

私たちの躯は60兆の細胞で構成されている。その細胞は新陳代謝を繰り返し、三ヶ月間で全ての細胞が生まれ変わる

毎日作り出されている細胞の中に、癌細胞が100万ほど混じっているのだそうだ。そのままにしておくと悪性に発展しかねないこの癌細胞は免疫細胞であるナチュラルキラー(NK)細胞によって早期壊滅に追い込まれる。

ただ、このNK細胞はストレスが掛かりすぎるとその力が衰退する、破壊する能力を維持するには(免疫細胞を活性化させるには)常時、栄養となる抑揚感を与えなければならないという。

つまり、精神的な躍動感が60兆の細胞をコントロールしているということなのだ。

行動はすべて学習の結果である

Are U experienced?

マラソンで困苦に耐える時間が続くと、脳内でそのストレスを軽減するためにβ-エンドルフィンが分泌され、やがて快感や陶酔感を覚える「ランナーズ・ハイ」と呼ばれる現象が現れる。